不動産の査定方法はネットも利用できます

不動産の査定は条件が異なり同じものは存在しないので、専門の業者であっても価格の判断に差が生じる

面積が同じ土地でも南北に細長い土地、台形になった土地やそこに接している道路の勾配や幅によって条件が異なり同じものは存在しません。このことは土地だけでなく、マンションや戸建て住宅でも同じことが言えます。そのため、不動産の価格の判断は非常に難しくなってしまいます。その結果、専門の業者であっても価格の判断に差が生じてしまいます。
その上、実際に売買するとなると買い手が付かなくては意味がなく、買い手との折り合いも生じてしまいます。しかし、売る側にとっては少しでも高く売りたいと考えることは当然のことです。

固定資産税評価額を確認することでもおおまかな相場を知ることができる

では実際に売買するにあたって損をしないように相場を知る手段としてどのようなものがあるのでしょうか。相場を知る手段として自分で行える事は、近くで売りに出ている物件があればその価格を参考にすることです。それと比べてどれくらいプラス又はマイナス点があるかで評価します。
また、春に役所から届く固定資産税評価額を確認することでもおおまかな相場を知ることができます。固定資産税評価は公示地価の約70%とされています。ですから、例えば固定資産税評価額が700万円と記載されていれば700万円÷0,7=1000万円が地下の目安となります。これに建物が古ければ解体代やリフォーム代等を考慮して考えます。

一括査定サイトで大まかな査定額を知った上で、地元に精通している業者さんに話を聞き自分にあった業者を選ぶ

一方、業者さんに依頼する場合、直接依頼する方法とネットを利用した一括査定が挙げられます。ネットを利用する場合、自分の好きな時間に無料で手軽に査定依頼ができます。さらに物件や売りたい場所の住所などを入力していくと取り扱っている業者が出てくるために自分で業者を探す手間が省けることなどがメリットとなります。

ただし、マンションや土地等の売買を仲介する業者は宅地建物取引業の免許が必要となります。そしてこの免許には国土交通省大臣許可と都道府県知事許可の2種類があり、都道府県知事免許の場合はその都道府県にしか営業所を構えることができません。一方、国土交通省大臣許可であれば2県以上に営業所を持つことができますが、この免許を取得している仲介業者は少なく、多くは知事免許のみの業者となります。そして東京などの大都市では多くの業者さんが存在していますが、地方へ行くほど少なくなってしまいます。

また、サイトに登録するには掲載料などが必要となります。そのため地方の地域密着型中小不動産業者の場合は登録していないケースも多くあります。ですから、サイト上の不動産業者が全てではありません。そのためサイトで大まかな査定額を知った上で地元に精通している業者さんに話を聞き自分にあった業者を選ぶことが推奨されます。