マンションを手放すときは売却かそれとも賃貸か

ローンの返済が終わっている不動産は資産と考えられ、金融機関から融資を受けるときには有利に働く

景気の回復が期待され、企業の業績も向上しているところが多く、新しい拠点を構えると言う会社も増えてきています。私の場合、マンションを所有していたのですが、転勤となりそこで住むことができなくなってしまいました。そこで、住まいの売却をする事になったのですが、そのときに考えたのが、完全に手放してしまうのか、それとも賃貸として貸し出すことも可能なのかと言うことです。

不動産は、資産価値があります。所有していると税金など、費用はかかりますが、金融機関から融資を受けるときなどはメリットがある場合があります。私の場合には、ローンの返済が終わっていたため、資産として考えることができました。そこで、資産を現金化するのではなく、運用していくことを考えたのです。
不動産を持っていても、ローンが残っているときには、負債として考えます。しかし、ローンがない不動産を所有しているときには、それは資産として考えられるため、金融機関から融資を受けるときには有利に働きます。新しい住宅を取得するときなどには、大きな資産として考えてもらうことができるというのは、大きなメリットです。

今まで住んでいたマンションを賃貸として貸し出し、その家賃収入で新しい住宅を取得することにしました

転勤によって新しい住宅を考えることが必要になったわけですが、そこで今まで住んでいたマンションを賃貸として貸し出し、そこから得ることができる家賃収入で、新しい住宅を取得することにしました。そうすることで、大きな出費をすることなく新しい住宅にすることができます。今まで知らなかったことですが、このような方法で、多くの不動産を持っている個人の方も多いようです。
持っている不動産を売却して、それを頭金に新しい不動産を買うと言う方法もありますが、長い期間の運用と考えると、売るのではなく貸すという選択も検討してみる価値が十分あります。もちろん貸し手がつかない、修理が必要、などいろいろなリスクはありますが、それ以上のメリットを得ることができる可能性が十分あります。

不動産投資で安定した収入を長期間得ることができるかもしれないという夢

不動産投資と聞くと、自分には無理と考える方も多いかもしれませんが、今住んでいる住まいを貸し出すと言うことであれば、非常に顕著に感じることができるものです。そうして、安定した収入を長期間得ることができるかもしれないと、私の場合は夢が膨らみます。このようにして物件を増やしていくことができれば、いつか本業よりも収入が大きくなる日も来るのかもしれません。
今回は、マンション売却を検討していく中で新しい発見をすることができました。